不可欠な事

FX取引ビギナーが為替の要を見つけるには、まず最初に実戦を積み上げる事が大切です。

 

事前に危険を気付くようになるようになるにはミスを積み重ねることも大切です。

 

ただし、損をするといっても、立ち直れなくなるほど決定的なミスをする事は話になりません。

 

取り戻せるぐらいの失敗を何度か重ねる事が結果として自分の経験値を高めてくれるはずだ。

 

それを考えると、最初は少ない資金でトレードを行ない、ここで何度かちょっとした間違いをすることが重要です。

 

ひとつの例として、100万円だけしか投資資金がない場面で、いきなり100万円を全て投資してエントリーすると失敗した時その後やり直せない可能性があります。

 

それよりは、仮に資金の1割ずつ小分けしてトレードを行ない、これでトレードを重ねた方がじょじょにミスを補う方策なども学習していくはずです。

 

まずはじめに少額で投資することのメリットは、先に記したように、あなたの経験値を増やし損を避ける方法を身につけることにあるがそれと一緒に、売り買いの回数を重ねて、不確実性を減らせるという良いところもあります。

 

仮に、トレードで勝率が50%とします。

 

ということは、同じく二分の一の確率でマイナスになる危険性もあるということになる。

 

勝率50%ということは五分五分の可能性で勝てることを現しています。

 

だがしかし、全てを投じて1回だけの取引をするということははっきりとした勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

 

これではただ1度のギャンブルと同じです。

 

すなわち、全ての投資資金をつぎ込んで1度しか売買しないとそれだけ損する可能性が高まってしまいます。

 

そのため、投資するお金を全部賭けるのではなく、いくつかに分割して投資機会を多くすることが危険性を減らす事になります。

 

だからといって数回に分けたとしても、全ての注文で利益を出す事は重要ではありません。

 

というか、勝利できないのが本当のところです。

 

トレードで重要なのは勝った回数ではなく、どのくらいプラスに出来るかです。

 

勝ち負けが同じでも、仮に3割でも利益を上げる事が出来ます。

 

負ける確率が高くてもその損益がわずかならばわずかな勝ちのプラスの大きさで十分に儲ける事が出来ます。

 

そのために不可欠な事は、損を少なく、利益を大きくを覚えておく事です。

 

損失が出たら即損切り注文して、勝った時は大きく儲けることが、外国為替証拠金取引をはじめたばかりの方が外国為替証拠金取引で利益を上げる極意です。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 不可欠な事
  2. テスト